老犬トイプードル ちょこたの日記 with チャム

15歳になったトイプードルちょこたの日常と、2015年12月に天国へ旅立ったパピヨンくーちゃんの思い出を綴った日記です。元保護犬チャムが新しく家族になりました。

くーちゃんの闘病記 最終話 看取れなかった最期

20080414.jpg

12月28日
長かった夜が明け、朝一でかかりつけの病院へ行きました。

点滴で血栓を溶かす治療を行うことになったのですが、ゆっくり溶かす薬と積極的にどんどん溶かす薬の2種類があるとのこと。
心臓が悪い(僧房弁閉鎖不全)ことと、後者は詰まっていた血管にいきなり血液が流れると肺水腫を起こす場合があるというので、ゆっくり溶かす薬を使うことにしました。
とにかく血栓は、脳や肺などいろんな所に飛ぶ可能性があるので、それが一番怖いとのことでした。

この日は入院することになり、手続きの書類を書いた後、くーちゃんを残し帰宅しました。

この時は、容態が容態だけに入院させることに迷いはありませんでした。
仮にもし、手の施しようがないと判断されたならば、連れて帰ってあげたほうがよいと病院の先生も言うはずだし、そう言われたならば、迷わず連れて帰っていたと思います。
でもそういう感じではなかったんですよね。

後になってから、夜だけ連れて帰ればよかったとか、夕方面会に行けばよかったと何度も思ったけど、あの時はその判断ができませんでした。
救急病院から帰ってきてから、かかりつけ病院が空くまでの時間、容態が急変しないでほしいと祈りながら、ほとんど寝ていなかったこともあり、くーちゃんを病院に預けた時にホッとしてしまったのかもしれないです。

s-2003.jpg

s-2012-2.jpg

s-2012-1.jpg

12月29日
朝8時に病院から電話があり、くーちゃんが亡くなったと伝えられました。

病院でくーちゃんの遺体と対面しました。
まだ体は硬直していなかったので、亡くなってからそんなに時間は経ってなかったようです。
死因や死亡時刻など細かいことは一切尋ねませんでした。何故かあまり聞きたいとも思いませんでした。
先生のお話を聞き、ありがとうございましたと言って病院を後にしました。

12月になってから、特に発作の後は、いずれこの日が訪れる覚悟はしていました。
その時は、おとうさんかおかあさんの膝の上で、眠るように穏やかに亡くなってくれればいいな、なんて漠然と思っていたんですけど。

思い通りにはいかないものですね。

くーちゃんが死んでしまったことの悲しみよりも、なんで誰もいない病院でひとりで逝かせてしまったのか、なんで最期一緒にいてあげられなかったのか、という後悔、自責の念のほうが強く、涙が止まりませんでした。

こうしてくーちゃんの長い闘病生活が終わりました。

12月29日、30日と2日間くーちゃんの遺体と一緒に過ごしました。
あれほどくーちゃんを慕っていたちょこたですが、くーちゃんの遺体には近づこうとしませんでした。
ちょこはどういうふうに思っていたんだろう。
くーちゃんが死んじゃったことは理解していたのかな。

s-2014-1.jpg

12月31日午前中に火葬を行い、お骨を拾い骨壺に入れて持ち帰りました。

s-P_20151231_110124.jpg

s-P_20151231_110127.jpg

s-P_20151231_110410.jpg

s-P_20151231_110119.jpg

あれから7ヶ月が経ちました。
今日でもう7回目の月命日です。
月日が経つのが驚くほど早く感じます
くーちゃんがいない生活が普通の日常になりました。
残念ながら霊感は全くないほうなので、家の中でくーちゃんの気配を感じることもないし、夢にも出てきてくれません。
ちゃんと成仏して、天国で楽しく暮らしてるから出てこないのなら、そのほうがいいのかもしれないけど。

会いたいなあ、もう一度くーちゃんに。

s-IMG_4869_20160725144956c30.jpg


くーちゃん、15年間お疲れ様でした。

最後の1ヶ月はとてもつらかったと思うけど、本当によく頑張ったね。

最後はそばにいてあげられなくてゴメンね。

くーちゃんと一緒に過ごした14年11ヶ月は、かけがえのない時間でした。

うちの子になってくれてありがとう。


s-さやとおこちん 157

s-DSC02560.jpg

s-IMG_4282.jpg

s-IMG_8351.jpg

くーちゃんの闘病記その1
くーちゃんの闘病記その2
くーちゃんの闘病記その3
くーちゃんの闘病記その4
くーちゃんの闘病記その5
くーちゃんの闘病記その6
くーちゃんの闘病記その7
くーちゃんの闘病記その8
くーちゃんの闘病記その9
くーちゃんの闘病記その10
くーちゃんの闘病記その11
くーちゃんの闘病記その12
くーちゃんの闘病記その13

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/29(金) 00:02:00|
  2. くーちゃん(病気)
  3. | コメント:1

寝てばっかり



本当に寝てばっかりなので、書くことがありません。

最近はけっこう涼しいので、少しは活動的になるかと思ったら、あんまり関係ないみたいです。

s-DSC06899.jpg

こんなところでも。
s-1469345465604.jpg

s-1469345478050.jpg

去年の夏も、いつも寝ていたような。
20150731.jpg

20150722.jpg

s-P_20150808_083229.jpg

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/27(水) 19:48:00|
  2. 日常
  3. | コメント:0

ネタがないのは元気な証拠



久しぶりにちょこたの近況を書きたいと思います。

特に変化はなく、元気に過ごしております。

とまあ、これで終わってしまうくらい書くことがないんですよ。

これブログ的にはどうなの、ってかんじなんですが、それだけ今、体調はいいのです。

おそらく去年ブログを始めていたら、記事の半分以上は病気のこと(今もあんまり変わらないけど)だったと思います。

これから暑い間は、休日のお出かけとかもないだろうから、ますます書くことがなくなりそうです。

でも、やれお腹をこわしたとか、病院で点滴したとか書かなきゃならないくらいなら、今のままでいいです。

s-P_20160723_102858.jpg
朝の散歩風景

s-P_20160723_102842.jpg
ちょっと前まで高校野球の予選をやっていて、かなり騒がしかったのですが、終わったのかな。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/25(月) 15:57:06|
  2. 日常
  3. | コメント:0

くーちゃんの闘病記 その13 血栓症

くーちゃんの闘病記その1
くーちゃんの闘病記その2
くーちゃんの闘病記その3
くーちゃんの闘病記その4
くーちゃんの闘病記その5
くーちゃんの闘病記その6
くーちゃんの闘病記その7
くーちゃんの闘病記その8
くーちゃんの闘病記その9
くーちゃんの闘病記その10
くーちゃんの闘病記その11
くーちゃんの闘病記その12

s-20151227.jpg

2015年12月27日

22時頃この日最後の強制給餌を終えた後、23時頃に室内でうんちをしました。
色は黒かったのですが下痢ではなく、久しぶりに手で掴めるくらいの固さでした。
ちなみに強制給餌を行った5日間、本当は嫌でたまらなかったと思いますが、くーちゃんは嫌がって吐き出してしまうことは一度もありませんでした。

正確な時間は覚えていませんが、深夜0時を回って間もない頃だったと思います。
くーちゃんはいつものように布団の上でくるくる回っていました。しばらく続けていたと思ったら、突然キャンキャンと悲鳴のような鳴き声を上げました。こちらのほうに歩いてこようとしていますが、後足が完全に麻痺しているようで前足しか動かすことができません。
先日の発作とは明らかに症状が違うので、どうしていいかわからなかったのですが、とりあえず発作時の頓服としてもらった座薬を入れました。
落ち着く気配がないので、夜間救急病院に電話し症状を説明しましたが、診ないとわからないとのことなので、急いで夜間救急病院へ向かいました。

30分程で病院に到着し受付を済ませると、ほどなく医師と思われるスタッフの方が現れ、その方に症状を説明し、くーちゃんを預けました
しばらく待合室で待った後、診察室に呼ばれました。

診察室に入ると女医の先生と看護師さんがいて、くーちゃんは看護師さんに抱っこされ、少し落ち着いた様子で鳴き止んでいました。
その看護師さんが、毎日通っている病院の看護師長の方だったので、なんだか少し安心した気持ちになったのを覚えています。

診断の結果は血栓症とのことでした。
右足(だったと思う)に脈がなく血が流れていないようでした。
痛み止めとあともう1種類(何だか忘れてしまいました)の注射を打ってもらい、明日朝一でかかりつけの病院に行くように言われ、今日の診察の詳細は、病院同士が提携しているので連絡しておいてくれるとのことでした。

会計を済ませ帰路につきました。
車に乗ってしばらくすると、さっきまで落ち着いていたくーちゃんがまたキャンキャンと鳴き始めます。
救急病院で言われたのは、もしかしたら痛み止めが効きすぎて、眠気でフラフラしてしまうかもしれないということだったのに、全然そんな様子はありません。
むしろ痛み止めが全然効いてないんじゃないか?
そんな不安が頭をよぎります。

家に着いたのは2時だったか3時だったか覚えてませんが、くーちゃんはずっと鳴いてました。
病院の診察は9時からなのでまだかなり時間があります。救急に戻ることも考えましたが救急は3時迄です。
3時~9時まで6時間もブランクあったら救急の意味をなさないじゃないかと思いながら、とにかく早く時間が経ってくれと祈りながら病院が開く時間を待ちました。
この時、病院が開くまでの時間は、本当にとてつもなく長く感じました。(続く)

20141002.jpg

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/23(土) 22:18:00|
  2. くーちゃん(病気)
  3. | コメント:0

夏の散歩

前に書いたことがあるかもしれませんが、以前川越に住んでいたことがあります。

川越といっても駅から遠い場所だったので、回りは田んぼと家ばかりで近くにお店は何もなく、徒歩圏内に公園もなかったので、散歩はいつも田んぼ道や近くの河川敷でした。

冬の散歩は寒くてきつかったですが、夏の夕方の散歩は気持ちよかったです。

そんな川越での夏の思い出の1コマを。
20110717-3.jpg

20110717-1.jpg

20110717-2.jpg
(2011年7月17日)
20110727.jpg
(2011年7月27日)
20110729-20.jpg
(2011年7月29日)

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村








テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/22(金) 21:42:00|
  2. 思い出
  3. | コメント:0

ちょこたの成長記録 3

ちょこた3~4歳(2005年~2006年)頃の写真です。

今は色々と持病もありますが、この頃は健康そのもので、病院のお世話になることもほとんどありませんでした。

ただ今より体重は多く、少し肥満気味でしたね。走るとすぐにハアハアしていました。

s-20050414.jpg
(2005年4月14日)
s-20050418 (2)
(2005年4月18日)
s-20050418.jpg
(2005年4月18日)
s-20050418-2.jpg
(2005年4月18日)
s-20050607.jpg
(2005年6月7日)
s-20051020.jpg
(2005年10月20日)
s-20051022 (2)
(2005年10月22日)
s-20051022.jpg
(2005年10月22日)
s-20060521.jpg
(2006年5月21日)
s-2006.jpg
(2006年 撮影日時不明)
s-20060929.jpg
(2006年9月29日)
s-20061105.jpg
(2006年11月5日)

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/21(木) 20:25:32|
  2. ちょこ(成長記)
  3. | コメント:0

14歳の夏

最近のちょこたですが、体調はまずまずです。
咳をするのはあまり変わりませんが、膵炎の再発はここ1ヶ月はありません。

ただ夏は大の苦手なので、散歩の時以外はこうしてダラダラ。
s-DSC06882.jpg

1日1回くらい布団をガリガリ掘って暴れまわります。
s-DSC06865.jpg

夏は運動量が減るので、ストレス解消なのでしょうか。
まあこれだけ暴れる元気があるのは、老犬としては良いことなのでしょうか。

ちょこたは14歳にしては元気だと思います。
他の14歳の子がどのくらいなのかはよくわからないので、あくまでくーちゃんと比べてですが。

ちょうど1年前の今頃、梅雨が明けて急に暑くなった時期、
くーちゃん14歳の夏に足腰の衰えに気づきました。
最初は暑いから歩くのが嫌なのかと思ったんですけど。
その頃からトボトボとゆっくり歩くようになり、そこから急激に衰えていきました。
s-P_20150717_174439.jpg
(2015年7月17日)

今のところちょこたにそのような兆候は全くなく、1年前のくーちゃんと比べてずいぶん元気だなと思いますが、持病もいろいろある体なので、あまり過信せずに見守っていきたいと思います。
s-DSC06876.jpg

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/19(火) 19:25:00|
  2. 日常
  3. | コメント:0

海の日

7月18日は海の日です。

海にはたくさん行ったから、たくさんの思い出があります。

くーちょこが小さい頃は、海よりもドッグランで遊ぶほうが好きだったので、海にはそんなにしょっちゅう行ってませんでしたが、

ふたりが老犬になってからは、海によく行くようになり、のんびりと海岸を散歩しました。

20020831.jpg
(2002年8月31日)
20050419.jpg
(2005年4月19日)
s-DSC01637.jpg
(2008年5月25日)
20110628.jpg
(2011年6月28日)
20121006.jpg
(2012年10月6日)
20121007.jpg
(2012年10月7日)
s-20121029 706
(2012年10月7日)
20130731.jpg
(2013年7月31日)
20140613-2.jpg
(2014年6月13日)
20140613-1.jpg
(2014年6月13日)
s-IMG_4901.jpg
(2014年9月25日)
20141007.jpg
(2014年10月7日)
20141124-2.jpg
(2014年11月24日)
20141124-1.jpg
(2014年11月24日)
20150331_201607152246364d2.jpg
(2015年3月31日)

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/18(月) 07:48:31|
  2. 思い出
  3. | コメント:0

くーちゃんの闘病記 その12 強制給餌

くーちゃんの闘病記その1
くーちゃんの闘病記その2
くーちゃんの闘病記その3
くーちゃんの闘病記その4
くーちゃんの闘病記その5
くーちゃんの闘病記その6
くーちゃんの闘病記その7
くーちゃんの闘病記その8
くーちゃんの闘病記その9
くーちゃんの闘病記その10
くーちゃんの闘病記その11

12月22日、くーちゃんが何も食べなくなりました。

12月23日
病院で何も食べなくなったことを報告すると、シリンジによる強制給餌を開始することになりました。
朝病院で1回、帰宅後2回行うも、夜になって下痢になってしまいます。
色は真っ黒のまま。12月4日に血便になって以来、一度も通常の色に戻りません。

12月24日
強制給餌用のフードが合わなかったようなので、a/d缶から消化器サポートに変更することに。
体重がついに3.22㎏まで落ちてしまいました。
午後、気分転換に公園へ散歩に行くが、くーちゃんはほとんど歩けませんでした。
s-1224-1.jpg

下痢は治まったけどキュルキュルと腹鳴がすごいので、この日は自己判断で強制給餌はやめました。
この日が体調悪いピークだったと思います。

強制給餌をして下痢になってしまった時は、かなり絶望的な気持ちになりましたが、フードを消化器サポートに変えてからは下痢もなく、少しだけ体重も戻しました。
正直もう駄目かもしれないという気持ちになっていましたが、病院の先生からは、まだ体重も3㎏あるし血液検査も悪くない(これが不思議)、これからは介護が大変になるから、お父さん、お母さんの力が今以上に必要になりますと言われ、とりあえず今はその言葉を信じ、これからは全力でくーちゃんの介護をしようと気持ちを切り替えることにしました。
ただ血便が治らないのと、本当のところ何の病気なのかがハッキリしないのが、どうにも気持的にスッキリしませんでしたが。

12月26日
午前中は病院に行き、午後は家でひなたぼっこしながら昼寝。

暖かくて気持ちよくなったのか、久しぶりにへらへらするくーちゃん
20151226.jpg

そしてこの日、なぜかわかりませんが、あれだけ冷たかった手足が暖かくなっていて、完全に毛が抜けてしまっていた手足に、うっすらと毛が生えてきていました。
調子よさそうなので、キャリーバックに入れてちょこたの散歩に連れて行きました。

12月27日
この日のことは今でもよく覚えています。
朝寝ているくーちゃんをキャリーバッグに入れ病院へ向かいました。
元気なころは車に乗せると興奮し、テンションMAXではしゃいでいたのに、この時はグッタリと横になったまんまです。
途中スタンドで給油している時にやっと起きて、か細い声で鳴きはじめます。
以前のように、こちらに向かって何かを要求してワンワン吠えるわけではなく、ただ弱々しい声で何かに向かって吠えていました。
病院で点滴をして、前日から少し調子が上向き加減なので、そろそろ通院も1日おきにできそうですねという話をして帰りました。
午後、陽気も暖かいので、みんなで散歩にでかけました。

出かける前に撮った写真です。くーちゃんの生前最後の写真になってしまいました。
20151227-1.jpg

20151227-2.jpg

公園に着いてカートから降ろし、試しに歩かせてみると、24日には全然歩けなかったくーちゃんが意外にもテクテク歩き出します。
14日に発作で倒れて以後、ここまで歩けたのは初めてです。

その時の動画です。
[広告] VPS

手足の暖かさがもどったこと、毛が生えてきたこと、そして歩行の回復を見て、一度は完全にあきらめかけていましたが、元通りになることはないにしろ、もう少しくーちゃんと一緒に過ごすことができるかもしれないと、一筋の光明が見えた気がしました。(続く)

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/15(金) 22:27:00|
  2. くーちゃん(病気)
  3. | コメント:0

経過報告

s-s-1468408027441.jpg

昨日病院へ行ってきました。

目の充血は収まったのですが、白内障の進行予防のため点眼は継続で。

気管虚脱に関しては、薬の服用ですごく改善したわけではないのですが、飲んでない時よりは咳き込む回数が多少減ってるので、内服薬は継続することに。

膵炎(消化器系)のほうは落ち着いているので、特に検査等はせずに引き続き内服薬のみで様子見ということになりました。

あと、前回のトリミングから3ヶ月近く経ち、さすがに収拾がつかなくなってきたので、帰りにトリミングの予約を入れました。
けっこう混んでいて今月中は空きがなく、来月3日の予約になったので、それまでは今のボサボサ頭で我慢です。
s-s-DSC06787.jpg

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村



テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/14(木) 21:10:27|
  2. 病気
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

coochocota

名前:ちょこた 
2002年1月6日生まれ トイプードル♂ 
人は大好きなんだけど、ワンちゃんはちょっと苦手です。
愛称は「チョコ」「チョピ」


名前:くー
2000年12月10日生まれ パピヨン♂
2015年12月29日 お星様になりました。
享年15歳。


名前:チャム 
2011年12月21日生まれ パピヨン♂ 
元保護犬の小さな男の子。
2016年12月21日、家族になりました。

coo 2001-2015

[広告 ] VPS

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (1)
日常 (100)
思い出 (25)
日常+思い出 (18)
くーちゃん (24)
くーちゃん(病気) (14)
記念日  (2)
お出かけ (8)
散歩 (14)
病気 (26)
食事 (2)
健康 (11)
トリミング (11)
伊豆 (30)
ちょこ(成長記) (10)
チャム (14)
未分類 (6)

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ランキング参加中

よろしくお願いします

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる