老犬トイプードル ちょこたの日記 with チャム

15歳になったトイプードルちょこたの日常と、2015年12月に天国へ旅立ったパピヨンくーちゃんの思い出を綴った日記です。元保護犬チャムが新しく家族になりました。

ちょこたの悩み

DSC07321.jpg

このブログには、もう何度も書いていますが、ちょこたは他のワンちゃんと仲良くできません。
今朝も散歩の時に、またやらかしてしまいました。

顔見知りが多い公園なんですが、その子は初対面のワンちゃんでした。
長いリードであっちこっちを奔放に歩き回っている子だったので、たぶんグイグイ来るタイプだろうなと思い、その子から離れて距離をあけようと思い方向を変えました。

数秒後、なんとなく気配を感じて振り返ると、もうちょこたの真後ろにそのワンコがいます。
アッという間にちょこたに絡んできたので、すぐにリードを短く持ち、鼻と鼻でクンクンご挨拶をさせました。
そこまでは大丈夫なんですが、その後ちょこたの股間に顔を突っ込んできたので、これはヤバいパターンだと思ったのも束の間、ちょこたはやっぱり切れて、ガウガウ唸ってしまいました。

リードはかなり短く持っていましたが、さらにリードを引いて、ちょこたをその子から遠ざけようとしたのですが、その段階で向こうの飼い主さんはロングリードを長くしたままで、3メートルくらい遠くにいてリードを引こうともしません。
その子はさらにちょこたにグイグイ来るので、このままだとちょこたはその子に飛びかかると思い抱き上げました。

ちょこたがその子に危害を加えることはなかったのですが、せっかく来てくれたのに仲良くできなかったから謝ろうと思ったら、その飼い主さんは、あいも変わらずリードを長くしたまま、何もなかったのごとく、はるか前方を歩いて過ぎ去って行きました。

しばらくその飼い主さんとワンコを見ていたのですが、自分のワンコが他のワンコのところに行っても、リードは長いままで、近くに行こうともしないんですね。
そんな感じで、ワンコのやりたいようにやらせていました。

なんなんでしょうね、なんかすごくムカついたんですよ、その飼い主に。

確かに他の子に唸ってしまうちょこたもいけないし、この年齢までちゃんと躾ができなかったのは飼い主の責任です。

いつもだったら、他の子が近づいてきた段階で、飼い主さんに「うちの子ワンちゃんが苦手で」とか「唸っちゃったらごめんなさいね」とか言って伏線を張るので、たとえちょこたが唸ってギャンギャンしちゃったとしても、トラブルになることはなく、「やっぱりダメだったね」と言って笑ってお別れすることができます。

でも今日みたいなパターンだとそれもできないし、逃げちゃったほうがよかったなって思ってるんですが、初対面だったからそれも失礼だと思ってしたことが裏目に出ました。

まあ、もし次また会ったら逃げようと思いますが、もし逃げ切れずに同じことになったら、飼い主に一言言ってやろうと思ってます。
「他のワンちゃんに近づく時はリードは短く持ってくれ、そしてもう少し空気を読んでくれ」って。

ちなみのその人、70歳代くらいのじいさんなんですけどね。

DSC07335.jpg



ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/11/20(日) 13:16:18|
  2. 日常
  3. | コメント:5
<<ちょこたの悩み 2 | ホーム | 早々に帰宅>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2016/11/20(日) 14:58:23 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2016/11/20(日) 17:39:49 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2016/11/20(日) 17:53:44 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

私も以前同じような事を何度か経験しています。1番酷かったのは、交差点で信号待ちをしていた時に、人間の赤ちゃんにウチのワンコが追い回されて逃げまくり、リードが外れて車道に飛び出してしまい、間一髪で車に轢かれてしまいそうになった事でした。その赤ちゃんは、歩き出したばかりの年齢で両親と一緒にいて、ウチのワンコに興味を持って近づいて来たのですが、ウチのワンコは臆病のかたまりでして、家族以外の人間には警戒してしまいます。その赤ちゃんの両親にも「ウチの子、吠えるからねー」と、言って予め牽制していたにも関わらず、その両親は全く気にせず赤ちゃんを近づけさせたんです。そして、言わんこっちゃない。ウチのワンコは赤ちゃんから逃げ惑い、車道に飛び出してしまったんです。心臓が凍りつきましたが、何とか車に轢かれずに済みました。私がアタマに来たのは、そのご夫婦の態度でして、こんな事になったのに、何も言わずにしらっとした態度で赤ちゃんを連れて歩き去ってしまったんです。一言ぐらい謝ったらどうなんじゃ!って憤慨しましたよ。赤ちゃんの好奇心は仕方のない事ですが、こちらが牽制している事に対して、もっと敏感に反応しないと、場合によっては赤ちゃんが怪我してしまうことにもなりかねないし。鈍感で無防備でとんでもないと思いましたよ。仮にもしウチのワンコが車に轢かれてたら、どうするつもりだったんでしょうね。
今でもふと思い出す度に嫌な気持ちになってしまいます。
  1. URL |
  2. 2016/11/21(月) 01:56:20 |
  3. きーくす #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2016/11/21(月) 14:08:06 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

coochocota

名前:ちょこた 
2002年1月6日生まれ トイプードル♂ 
人は大好きなんだけど、ワンちゃんはちょっと苦手です。
愛称は「チョコ」「チョピ」


名前:くー
2000年12月10日生まれ パピヨン♂
2015年12月29日 お星様になりました。
享年15歳。


名前:チャム 
2011年12月21日生まれ パピヨン♂ 
元保護犬の小さな男の子。
2016年12月21日、家族になりました。

coo 2001-2015

[広告 ] VPS

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (1)
日常 (109)
思い出 (25)
日常+思い出 (18)
くーちゃん (25)
くーちゃん(病気) (14)
記念日  (2)
お出かけ (8)
散歩 (14)
病気 (26)
食事 (2)
健康 (11)
トリミング (11)
伊豆 (32)
ちょこ(成長記) (12)
チャム (15)
未分類 (6)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング参加中

よろしくお願いします

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる