老犬トイプードル ちょこたの日記 with チャム

15歳になったトイプードルちょこたの日常と、2015年12月に天国へ旅立ったパピヨンくーちゃんの思い出を綴った日記です。元保護犬チャムが新しく家族になりました。

くーちゃんの闘病記 その1 IBD(炎症性腸疾患)

s-0027.jpg

くーちゃんがIBD(炎症性腸疾患)と診断されたのは、2006年10月、5歳10か月の時でした。

もともと食が細く、犬らしくガツガツとごはんを食べるタイプではなかったのですが、幼少期より、年に何回かは下痢や嘔吐を繰り返していたので、2006年7月に、内視鏡検査を行いましたが、その時は軽度の炎症しか認められませんでした。

その後も症状が散発的に続くので、10月に東京大学で再度内視鏡検査を実施してもらった結果、IBDとの診断が下され、その時から、ステロイドの内服と療法食による食事療法を始めました。

ステロイド服用後、症状は落ち着いたのですが、やはり副作用が怖いので、同じ効能があり副作用のないアトピカという薬を試してみたりもしました。

しかし残念ながら、くーちゃんには効果がなかったので、結局ステロイドに戻しました。

療法食はあまり食べてくれませんでしたが、ささみを混ぜたりしながら、何とか食べさせて、体調が酷く悪化することはなくなりました。

それから5年近く安定していたくーちゃんの体に変化が現れたのは、2011年になってからのことでした。(続く)

s-TS320292.jpg
くーちゃんの検査を待つ間、東大近くの根津神社で、ちょこたと一緒に無事を祈りました。(2006年10月11日)
s-PICT0024.jpg
翌月にはすっかり元気に(2006年11月5日 伊豆マウンテンドッグランにて)

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/05/14(土) 14:53:35|
  2. くーちゃん(病気)
  3. | コメント:0
<<日本大学動物病院 去年のお話 | ホーム | 思い出の写真>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

coochocota

名前:ちょこた 
2002年1月6日生まれ トイプードル♂ 
人は大好きなんだけど、ワンちゃんはちょっと苦手です。
愛称は「チョコ」「チョピ」


名前:くー
2000年12月10日生まれ パピヨン♂
2015年12月29日 お星様になりました。
享年15歳。


名前:チャム 
2011年12月21日生まれ パピヨン♂ 
元保護犬の小さな男の子。
2016年12月21日、家族になりました。

coo 2001-2015

[広告 ] VPS

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (1)
日常 (83)
思い出 (24)
日常+思い出 (19)
くーちゃん (22)
くーちゃん(病気) (14)
記念日  (2)
お出かけ (8)
散歩 (12)
病気 (25)
食事 (2)
健康 (11)
身だしなみ (8)
伊豆 (25)
ちょこ(成長記) (8)
チャム (9)
未分類 (5)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ランキング参加中

よろしくお願いします

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる